ADHD原因
医師や専門家が深く詳しく解説します
ADHD原因
医師や専門家が深く詳しく解説します

ADHDの原因となる分子 とそのメカニズムを大阪大学医学部が発表

公開日
更新日

 
執筆 :Mocosuku編集部
 
 
ADHDの原因となる分子 が発見された事をご存知ですか?
これまで、ADHD、知的能力障害、自閉症スペクトラム症等の原因として、特定の染色体部位の重複が指摘されていたが、詳細なメカニズムは、明らかではありませんでした。
 
大阪大学大学院医学系研究科解剖学講座(分子神経科学)の山下俊英教授、藤谷昌司助教授の研究グループは、2016年7月5日に、 ADHDなど神経発達障害の原因 分子を発見し、染色体重複で発症する神経発達障害のメカニズムを解明した事を発表しました。以下に、その発表内容を簡単に紹介しましょう。
 
 

ADHDの原因となる分子 そのメカニズムとは

大阪大学の研究グループが世界で初めて発見したのは、16番染色体の 16p13.11微小重複によっておこる神経発達障害群の原因分子マイクロRNA-484(miR-484) です。
 
16p13.11部位の重複は、ADHD等の原因として注目されていましたが、その原因となるメカニズムは不明でしたが、この研究で、16p13.11重複によるmiR-484発現異常が、プロトカドヘリン-19の発現に影響を与え、神経新生異常が胎生期に起きる事を解明しました。
 
 

スポンサーリンク



ADHDの原因となる分子 研究結果から広がるADHD治療の可能性

この研究で、 ADHDなど神経発達障害の原因 分子と、発症に至るメカニズムが解明したことで、ADHD等への治療法開発が大きく前進する事が期待されています。
 
 
<参考文献>
神経発達障害群の染色体重複による発症の機序を解明 — リソウ
 
 

編集部オススメリンク

 
関連した情報として以下のようなものがありますので、ご参考にしてください。
 
医療法人社団雅会前田クリニック(心療内科・精神科)サイトの中で、ADHDの原因について説明したページである姫路 心療内科|前田クリニック ADHDの原因は、ADHDの原因について分かりやすくまとまっています。
 
「発達障害のチェック は、どのようにして行う? チェック方法について解説!」
 
自閉症スペクトラム (ASD)とアスペルガー症候群との関係は?
 
「自閉症の診断 はどのように行うのか? 診断基準と検査の方法とは?」
 
ADDとADHDの違い って何?ADDについて詳しく知ろう!
 
「ADHDの原因 ってなに?脳の機能障害?遺伝も関係するの?」
 
「ADHDの治療 って?薬物療法、心理療法など治療法を解説!」
 
「ADHDの有名人 :ケースを通して彼らはどうして成功できたのか考察する!」
” 
「アスペルガーの症状 :特徴的な症状を理解して適切な対応を」
 ”
「ADHDの特徴 って?シーン別、大人/子ども別に解説!」
 
ドーパミン とは? ドーパミン不足はADHDの原因の一つなの?
 
ノルアドレナリン とは? ADHDの原因の一つなの?
 
ADHD含む発達障害を分かりやすく説明した動画として以下のようなものがありますので、参考にしてください。

※なお記事中の語句に張られたリンクをクリックすると、当該語句について詳しく説明した当サイト内もしくは外部サイトの記事へ移動しますので、ご活用いただければ幸いです。